[特に答えはないよ]電子書籍と出版社

2010年11月05日

誰が言ってるかは知らないけど電子書籍が注目されるようになってからはこういう声を聞くことが増えているように思う。

「出版社は金のことしか考えていない。なくすべきだ。書きたい人が書きたいものを書いて自由に売買が出来る市場にするべきだ」

この思想、好きなことを書いてお金を得たい人にとっては理想郷のようなものに思えますね。これが自由競争という奴です。本当に強いものが勝つ時代が来るのです。ということは僕が勝てる可能性が少なくなってきそうな気がするんですが果たして僕は生き残れるのでしょうか。僕としてはそっちのが不安ですけど、そんな時代になったら「俺の書くものはきっと売れる!」と声高々に言える人にとっては出版社という狭き門を通らなくても執筆活動による賃金の取得が可能になるのです。

果たして本当にそうなんでしょうか。

自由競争は構わないんだろうけどそれってどういう仕組みをイメージしてるんでしょうか。ケータイ小説みたいな投稿型の小説サイト?

あれってさ、無料だからみんなが読んでるだけなんじゃない?

実際に書籍化した例もいっぱいあるけど今は「電子書籍で印税ウハウハ」なお話をしている訳でそもそも書籍を売るノウハウが詰まった出版社が出している「電子書籍の紙版」が売れている事がイコール電子書籍が売れるという事にするのは強引すぎる気がする。

出版社ってのは多分売れるものを書く、売れるものを見つけることが特出しているところじゃないと思うんだ。

「書籍をたくさん売ることが特出している」とこなんだと思う。だからコンテンツが良いこともそもそも前提としてあるのかもしれないけど、その前提をきっちり大量に売るノウハウがたくさん詰まっているから電子書籍の紙版が売れてると思うんだよね。

だらだら書いたけど、つまり電子書籍の投稿サイトじゃ有料で販売するのは厳しいんじゃないかな、と思う。

だって、「どこの誰が書いた本か分かんないもの」をいきなり買いますか?買わないでしょ?誰かしらのプッシュがあったりして初めて買うもんでしょ?

そのプッシュを組織ぐるみできっちりとして仕組みで展開しているのが出版社なんだと思う。

そういえば以前読んだ鈴木みそさんのマンガでネットビジネスについてかかれていたことがあった。あの時はまだネット黎明期で、色んな人が色んな事をやってた時代だったんじゃないかと勝手に思ってる。

そこではネットラジオについて書かれていて、「無料だともの凄い数の人が聞いてくれてたんだけど、有料にしたとたんにほんの少ししか聞いてくれなくなった」らしい。

多分SimCityの税金と一緒なんだよね。

1%でも下げると住民は大喜びして、その後元に戻すと大ブーイング。えっ?元に戻っただけじゃん、って何度思ったことか。

人間、一度自分に得することが起こるとそれが損も得もない状態に戻るだけで感情としては怒りになるんだよね。そういえばウチの娘も一度渡した僕のiPhoneをすでに我が物顔で使っていて、僕が使いたいから取り上げようもんなら般若に変化して怒りまくるんだけど、そうかこれは人間の真理なんだな。

無料で配信していたものを優良にすることが困難な場合はどうするか、これはもう

「書きたいものを書く」書き手

「良いものを読みたい」読み手

の間に
「クオリティに責任を持つ」問屋

が出現するしかないんじゃない?

「ウチが自信をもっておすすめするコンテンツです。みんな安心して買ってください。ほら、このコンテンツなんか女優の○○さんが常にバッグの中に忍ばせて暇があれば読んでるらしいんですよ」的なことを恥ずかしげもなくいえる問屋さんがあればいい。

ってっことはつまり問屋が読み手のニーズを把握して読み手が欲しいと思うものを提供するために書き手に「こんなもの書かない?」って話をするようになって問屋が市場をコントロールするようになっていくんだろう。

・・・あれ?それって出版社って言わない?

今ある仕組みって凄いんだなぁ。良くできてるよ。

実際、ダメだとか何だかんだ良いながら出版社が出すから売れるのは間違いないしね。

でも、フリーミアムっていうんですっけ?何にも知らないですけど無料から展開するビジネスモデルも流行ってるんでしょうか。

「ここまでは無料だけど、これから先は有料になります。」的なそれこそネット黎明期からある方式で自分のブログとかから販売できるようになればそれこそ自由競争の始まり始まりになるんだからのそんな感じになって欲しいなぁって願いはあるんですけどね。

でも、書いている人は最終的に「誰か(投稿サイトとか出版社)に売ってもらう」って発想じゃダメなんじゃないかなと思うんだよね。

とっかかりとしてそういうところを使うのはむしろ戦略としてすてきな気はするけどちゃんと自分で販売する場所を作っておくべきだと思う。芸能人も最初は事務所に所属して、世間に認められたら自分で事務所立ち上げるんでしょ?それと一緒。ちがう?まぁいいか。

自分のものは自分で売ってこそ自由競争じゃないんでしょうか。俺のものは俺のもの。お前のものはお前が勝手に考えればいいじゃん俺知らねえよ。で良いんじゃないでしょうか。

そうじゃないと結局出版社の電子書籍版が出るだけなんじゃないかと思うんだよね。今もそうなってる?ごめん、別に電子書籍の事情に詳しい訳じゃないんだよね。

最初から「答えはない」って言ってるから良いけど、改めて読んでも本当に「じゃあこうすればいいんじゃね?」って事を言ってない。強いて言うと「自分で頑張れ」かな。

まぁでも元来そうだよね。お金が欲しかったら自分で頑張るしかないし、良いものを手に入れたいと思っても自分で頑張るしかないんだよね。

うん、何か間違ってない気がするからこれで良しとしよう。
・・・していい?

他にこんな事も書いてます

FBでコメント