RADWIMPSの「絶体絶命」(アルバムね)が凄く良いです

2011年04月13日

東京に来た年くらいに知ったバンドなんですけど、最近新しいアルバムを出して、それが結構素敵だと思ったので紹介してみます。

このバンドはメンバー全員がまだ20代前半という若さで、その若さに恥じないピュアな音楽が特徴的なバンドです。

どのくらいピュアかというと、僕が最初に聞いたアルバム(デビュー4作目「RADWIMPS4~おかずのごはん~」)の印象が「アルバム一枚使って彼女への愛を唄ってる」でした。それくらいピュア。

そんな彼らは5作目のアルバム(アルトコロニーの定理)は世界を憂うアルバムでした。もう少し攻撃的に言うと、世界と戦っていました。アルバム一枚使って世界と戦っていました。

彼女のことばっかり考えてた子が、若いなりに世界を憂いている姿はやっぱりピュアだと思いましたし、大抵のことに諦めてしまってる僕みたいな大人のいとっては眩しすぎますね。

そして今回のアルバムはどこに行ったかというと、「自分」に帰ってきました。こんな悲しい世界で、こんなちっぽけな僕だけど必死に生きてるんだ!そんな思いが伝わる良いアルバムです。

僕はね、RADは「世界を変えることはもしかしたら出来ないのかもしれないけど、でも僕は僕を変えることが出来るし、変わらないといけないんだ」って思ったんじゃないかなぁと思うんです。

でもね、あなたたちはきっと世界を変えられると思うんだ。そのピュアな音楽で変えられると思うんだ。だから、ようじろう(ボーカルね)はもっと強気になって自信を持って良いと思うんだ。

相変わらず何を言いたいかよく分からなくなってきたけど、是非いろんな人に聞いていただきたいなと思ったんで頑張って思いを言葉にしてみましたけど、この思いようじろうに伝わるでしょうか。

絶体絶命(通常盤)
絶体絶命(通常盤)
  • アーチスト: RADWIMPS
  • レーベル: EMIミュージックジャパン
  • メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 価格: ¥ 2,800
  • 発売日: 2011/03/09
  • 売上ランキング: 682

他にこんな事も書いてます

FBでコメント