「Webコンサルタント」という選択―成長企業のトップはすでに活用している の書評

2008年04月21日

よく見る「勿体ない」企業サイトの担当者に向けて、「こうやれば、こういう業者を捕まえれば会社の役に立つWebサイトが作れるんですよ~」って感じの本。

この本は完全にジャケ買いだったから、誰に向けて書かれてのかすら見てなかった。見てなかったから後悔した。後悔っていう漢字の変換を2度も間違えた。1度は「公開(別に公にしたくない)」、そして2度目は「航海(飛び出てどうする)」。ATOKも大したことないなぁ。

はい、余談でした。

で、なんだっけ、・・・あ、そう、誰に向けて、の話。てっきりWebディレクター達への一歩先に進んだ仕事の方法とかが書かれている本だと思ったんだけど、どうやらとんだ勘違い。完全にWebマスター向けの本だった。

しかしまぁ、とりあえず読んでみると、Webディレクターには耳が痛くなるような事がいっぱい書いている。PDCA、マーケティング、戦略、僕が普段おざなりにしがちな事なんかも「ほら、こうやってこういう手順でやっていくもんなんだよ、Webコンサルタントってのは」って言ってる。

うん、僕もこんなんじゃいかん!!

まだまだだね、と思う。僕はやるべき事を全部やってないね。そういう事を教えてくれた本だった。お客様はきっとこの本に書かれているようなWebコンサルタントを求めていらっしゃるはずだ。僕はそれに応えないと。

そういう意味では、とても良い本だと思う。お客様の視点を再確認出来る。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント