Googleが落ちた時と落ちた後

2008年04月29日

一昨日だったかな、Googleが落ちたのは。僕はまだPCを触りだして4年くらいしか経ってないんだけど、それでもこの4年でGoogleが落ちた事なんて1度もなかったと思う。少なくとも僕は認識した事がない。

そんな鉄壁のガードを誇るGoogle先生がおそらく30分以上沈黙していたという事実に僕だけじゃなく色んな人がびっくりしてTwitterで呟いていた。当然僕も呟いた。

で、結局30分くらいで復旧したんだけど、僕は何故あの時落ちたのかは知らない。GmailもGoogleReaderもGoogleDocsも使えなかったのは仕事上ちょっと面倒だったけど、まぁやはり「ちょっと面倒」くらいで済んだ。・・・一応メールソフトも削除しなくて良かった。

僕は、このトラブルを「Gmailの新バージョンへの移行期間」だったのかなぁと勝手に思っている。すでにその数日前から新バージョンには移行していたんだろうが、ちょうど僕が私用し得いるサーバのバージョンアップだったのかなぁ、とか。まぁ、僕はシステムに詳しくないからどっちでもいいっちゃぁ良いんだけど。

それより何より、僕的にはGoogleが落ちた時に感じた「うわぁ、どうしよう」って感情の方に興味がある。たった1つの企業が提供するサービスがちょっとダウンしただけで仕事の効率が変わってしまうのだ。これってどうなんだろう。

まぁ、かと言ってGoogleへの依存がなくなる訳ではないし、・・・どうしたもんかなぁ。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント