何をデザインすれば商品は売れるのだろう

2008年08月07日

アップルは製品を開発せず顧客が感じることをデザインする|ソーシャルウェブ革命の衝撃|ダイヤモンド・オンライン

何でiPodが売れているのか。

他のMP3プレイヤーと何が違うのか。

まず第1点

最も大切な点は、ユーザーに新たな体験をもたらしたことだ。デジタルライフスタイルの実現である。iTunesでパソコンから曲を取り込んでiPodで聞くというプロセスを、分かりやすく使いやすいものとして提供したのである。

第2点

アップルはiPodでもユーザーの体験をさらによいものへと革新した。ハードウェアであるiPodは、「クリックホイール」という指先だけで操作できるインターフェイスを搭載し、携帯音楽プレーヤーに使い易さをもたらした。

この2点の共通項は、「性能が凄い」ではなく、「ユーザーの感動」があるという事。

「凄い性能の○○だなぁ」
じゃない。

「こんな○○初めてだよ」
かな。

とても大事だけど中々出来ない事。心に留めておこう。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント