「調べる」事に時間を割くのが何となく後ろめたい

2008年11月05日

調べる事がまるで仕事じゃないような感覚が、僕の勤めてる会社にはある、気がする。

新規の企画を立てる時は当たり前のようにその題材に関する調査をするだろう。それはおそらく2~3時間以上かけて「あぁ、この切り口だと面白いかな」を見つける作業だろう。それも良い例であって、案件によれば5時間かけても良い切り口が見つからない場合もある。

でも、その時間は決して遊んでいるわけではなく、ちゃんと仕事をしているのだが、何故か「お前は調べ物ばっかりやってんなぁ」という印象になってしまう。新規事業チームなんだから、最初は物を作る作業より考える・調査する事が多いのは当たり前だと思うんだけど、やっぱり、何だかなぁ、と言った感じ。

とりあえず僕が出来る最大限の軽減策として、「時間を区切る」「纏めた書類作成」を必須事項としている。

何か、空気の問題なんだから、何とか優しい目で見てくれないかなぁとは思うんだけどなぁ。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント