朝5時って夜5時にするべきだよねぇ

2008年11月20日

相変わらず5時起き生活を続けてます。このブログも行きの電車で書いています。あぁ、やっぱり座れるって最高だな、と思います。

それに関して今日思ったのだけど、夜は何時になると朝と呼ばれるんだろう。

5時に起きてまずカーテンを開けると外はまだ真っ暗。それが6時にもなると空は白んできているから確実に朝だと認識できるけど、5時の時点は夜中0時と何ら変わらない暗さだ。しかも街灯も部屋の明かりもないから余計に暗い。

まぁでもそれは今こういう生活をしているから感じる事な訳で、じゃあ一般的な人はどう思っているんだろうね。って言うか一般的な人ってどんな人だよ。

何となく感じる一般的な人ってのは、多分0時くらいに寝て7時くらいに起きるんだよね。で、「夜」と「朝」の境目は4時とか5時なんかぁと思う。3時は「丑三つ時」と言われるくらいだし誰もが夜中だと思うだろう。次の4時を朝とする人がいるかいないかで5時になると殆どの人が朝だと思っていると思う。始発も5時くらいから出るしね。

あ、そうか。始発が出るから「この時間から生活が始められる」から朝なのか。

ん~、でもお外が暗いのはまだ夜だと思うんだけどなぁ。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント

2個のコメント

  1. PECO より:

    《朝》とも《夜》とも言わず、【明け方】と言う人が多いのでは?

    かく言う自分も【明け方】だと思う。

    • むゆう より:

      明け方!
      なるほど、そんな言い方もあるんですね!
      それ、採用ですf(^_^)

トラックバック/ピンバックはありません。