MacでXAMPPを入れたらやるべきローカルホストのセキュリティ設定

2012年09月02日

Macでローカル環境を整える場合、元々Apacheが入っているのでそちらを使う方も多いかと思いますが、それよりもXAMPPを使った方が早いし簡単なケースも多いのでそういった方も多いかと思います。どっちが多いんだろうね。まぁどっちでも良いんですけどね。

で、XAMPPを入れた時はセキュリティの設定がされていない状態なので自分でやる必要があります。めんどくさいですね−。しかも設定しなくても特に問題なく使えたりするもんだから余計ですよね。だから僕は今までセキュリティ設定をやっていませんでした。

でもその面倒なことをしっかりやってこそのWeb制作者なのではないのか!と思い直して、1からやってみました。実際にやればさほど面倒でもなかったです。

やること

  • XAMPPページのパスワード設定
  • MySQLのrootユーザーパスワード設定
  • phpMyAdminのrootユーザーパスワード設定

XAMPPページのセキュリティ設定

インストールしたままの状態で起動して「http://localhost/」にアクセスすればXAMPPの設定ページへ移動します。そのページにセキュリティをかけます。

ターミナルで

$ sudo /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp security

と入力してエンターを入力します。

XAMPP: Your XAMPP pages are NOT secured by a password. 
XAMPP: Do you want to set a password? [ja] 

と表示される(「XAMPPページにパスワードがかかってないよ?かける?」と書かれてるっぽいですね)ので、エンターを押して、次にパスワードを入力してください。

入力しても一見打ててないように見えて実は打たれてるから気をつけてね。コピペ推奨。

入力後エンター。そしたら

Password (again): 

と表示される。もう一度打てって。打ってエンター。これでパスワードが設定された。試しにもう一度「http://localhost/」にアクセスしたらユーザー名とパスワードを聞かれるはずです。

ユーザー名: xampp
パスワード: さっき打ったやつ

を入力しましょう

MySQLのrootユーザーパスワード設定

次はMySQLのrootユーザーにパスワードを設定します。

ターミナルで

/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysqladmin -u root -p password 設定したいパスワード

を入力してエンター。すると

Enter password:

と聞かれるので、エンターを押します。これで終了。

phpMyAdminのrootユーザーパスワード設定

最後はphpMyAdminのrootユーザーパスワードです。これやればおしまい。お疲れ様でした。

次はファイルを編集します。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/phpmyadmin/config.inc.php

このファイルの30行目あたりの下記を書き換えます

$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワードを書いて';

これで終了です。

最後に

確認のため、再度「http://localhost/」にアクセスして左側の「セキュリティ」をクリックしたら、ステータスの全ての項目に「安全」と書かれていればOKです。

ローカルだから構わんだろ、という思想であれば必要ないですが、できれば常にセキュリティについて考えられる「セキュアな男(女)」になりたいですねー。

続きを書きましたよー
SS | MacのXAMPPでバーチャルホストを設定する方法

他にこんな事も書いてます

FBでコメント

2個のコメント

  1. 書いた:MacでXAMPPを入れたらやるべきローカルホストのセキュリティ設定 – http://t.co/fcQfy8Dl

  2. @socialnews_OL より:

    SS | MacでXAMPPを入れたらやるべきローカルホストのセキュリティ設定 http://t.co/MY2dfWlo

トラックバック/ピンバックはありません。