人に「不愉快だ」って言うという事

2009年01月16日

僕はこのブログで収益を得ようとは特に考えていないし、何とかして読んでくれる人をかき集めようとは思わない。だって完全に趣味だから。目的なんてない。

まぁ色んな人に読んでほしいなぁとは思うけど、それが叶わなぬ願い事も重々承知している。だって別に人が知りたいって思うような事書いてないもん。

でも、これがもし何かの実験の為にやっている事だったり、仕事の為の調査目的だったり僕の認知度を高める為だったりするならいろいろな手段を用いて目的を果たそうとしているんだと思う。

ま、つまり、基本的に自分の目的の為には何をしても特に構わないと思う。というかそれは当たり前だと思う。もちろん法に触れない程度であれば、の話。

で、例えば僕が上記のような今とは違う目的でこのブログを書いていたとして、その目的を果たす為に行った事に大して他の誰かに「不愉快だ」って言われたとすると、…僕も勿論不愉快になるだろうね。

「何でそんな事を言われないといけないんだろう」って思われるとは思わんのかなぁ。人に「あなたのその行為は不愉快だ」と言う事はそれを言った事で相手を不愉快にしているって事は考んのかなぁ。

顔の見えないインターネットの世界
真剣に話をするにも限度があるインターネットの世界
本当に色々な人の意見が聞けるインターネットの世界

一番面倒じゃないのは「無関心」なんだね、やっぱり。現実世界と一緒。思想の違う人とはできるだけ接点を持たない、接点を持とうとされてもできるだけ無難に返事をする事が一番。

ま、何の話って訳じゃないけど、インターネットの世界を彷徨っていた時にふと感じた事でした。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント