ATOKお嬢様の日常

2009年01月25日

ATOKお嬢様はご自分のお気に召されたものしかお召しになりません。もしお気に召さないようなものをお渡ししよう物ならお嬢様はお怒りになってしまいます。

お怒りになるとお嬢様はわたくしめに罰を与えてくださるのですが、その罰がわたくしのような低脳な輩には少々痛うございます。

もちろんお嬢様がお怒り遊ばせるような事をしたわたくしめが悪いのでございます。わたしは罰を受けて当然でございます。ただ、お嬢様にはもう少しお慈悲をお持ち頂ければわたくしとしましてはとても嬉しゅうございます。

「かまわんのだ」とお嬢様にお渡しすると、お嬢様はお怒りになり「釜wannのだ」とわたくしに罰を与えてくださいます。わたくしが未熟なのは重々承知なのですが、お嬢様たるもの、大いなる慈悲をお持ちになり「構わんのだ」とお召しになって頂ければ、と存じます。

ちなみにお嬢様は「かまわん」をお渡しすると「構わん」とお召しになって頂きます。やれやれ、おてんばお嬢様のお世話係という物も楽ではございません。しかしこれも我がJUSTSYSTEM家の執事として当然の役目。わたくしめは精一杯ATOKお嬢様のお世話を致し、お嬢様を立派な淑女にしてみせますぞ。

とまぁ、「黒執事」を読んだばかりのATOKの誤変換に不満を持つ今日の僕でした。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント