まず紙に書いて時間を短縮

2007年08月02日

忙しい仕事では如何に短時間で如何に多くの情報を把握できるかが重要だと思う。重要だとは思うのだが、今の僕にはそれが足りない。

企画書を1つ任された時も、最初に説明を受けたその場では理解して(したつもりで)納得するのだがいざパワポでまとめようとすると疑問が沢山出てくる。そして上司がいなければその場で質問もできないから手が止まってしまう。こんな事ではこのスピード社会では生きていけない。

ではどすれば良いか

要するに二度手間を省きたい訳だから、最初の説明できちんと把握して頭の中を整理して質問をその場で出せれば良い。少々忙しかろうが説明を受ける際にはノートと共に説明を受け、その場でノートにイメージ図やフロー、アウトライン等を簡単に書いてしまう。そしてその場で質問を済ませてしまおう。

そうすればその場で議論もできるし疑問も生まれてくるだろう。とにかく説明を一度で終わらせる、これが大事。仕事のほとんどをPCで済ませられるようになったこんな時代だが、未だに手書きの手軽さには敵わない。その利点を生かし、常に机にはA4ノートを置いておいて仕事を頼まれると同時にそのノートを手に取る習慣をつけて行こう。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント