それでも僕は、人と繋がっていたいんだ

2009年10月07日

ミクシイのボイスを良く使うようになった。今までは日記を書こうとしても大して書こうと思うことがなかったり、あってもたった数行だったりして長々書かない日々でした。

だからいつしかミクシイってのは人が書いた文章を読むだけの一方通行メディアになっていった。

ただ、一方通行と言ってもそこで知る情報っていうのはどれだけネットを探しても、どれだけTVを観ても知る事の出来ない情報だから、それだけで十分に価値があるメディアだとは思っている。

でも、だからと言って僕が書く場所も与えられてるんだし、僕も人に聞いてほしい話の一つや二つはある訳で。

でもやっぱり書くのは面倒だと思ったりで毎日が葛藤だった。…ちょっと大袈裟かな。でもま、書きたいのに書かないジレンマって、それだけで面白くもあるしね。

そんな状況をボイスはいとも簡単に打破してくれた訳です。ほんっとに些細な事をちらっと書けばそれで良しとされる。何て素敵なんでしょう。

素敵だとは思う。思うけど、そう思わない人もやっぱりいるみたい。「個人的な話を特定の人と話すな。ウザイんじゃ!」とかね。

僕はその意見の意味が一切分かんないんでそれについては何も言わないと言うか言える事がない。とりあえずその人はボイスを見なければ良いのにね。

で、実はこれからが本題なんだけど、ボイス(twitterも含む)ってさ、簡単じゃん?物凄くストレスフリーにコミュニケーションが取れるじゃん?何かさ、どこまで簡単になっていくんだろうね。

以前は、遠くにいる友達に自分の報告ができる、的な意味があったのがSNSの日記でさ、それを便利だ便利だって使ってる内にちゃんと日記として成り立つボリュームを日々更新するのが面倒になっていく。そして特にテーマも意味もボリュームもなくても問題ないボイスに発信源を移す。

次はもっと簡単なコミュニケーションになるんかなぁ。でも読んだ人が理解できて反応できるようじゃないと意味がないから、この辺が限界かな?

それと、人とのコミュニケーションでストレスを感じているはずなのに、決してコミュニケーション自体を辞めようと思わない点が非常に興味深いね。

人とは話したいけど面倒なのはゴメン。
何て我が儘!

他にこんな事も書いてます

FBでコメント