Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /var/www/html/wp-includes/post-template.php on line 284

「考える」と「吐き出す」

2007年12月20日

MORILOG ACADEMY本当に考えたの?というエントリを読んだ。

学生に「考えてきたか?」と尋ねると、「考えましたが、ちょっと良い案を思いつかなくて」と言う。「じゃあ、悪い案を幾つか見せなさい」と言うと、きょとんとした顔で、「いえ、悪い案も思いついていません」と言う。「考えましたが、まだ、ちょっとまとまらなくて」と言うから、「では、まとまらないものを見せて下さい」と言っても、たいてい見せてもらえない。

こういうのは、僕の場合「考えた」とはいわないのである。

「いろいろ考えてはいるんですけどね」と言い訳する人には、その「いろいろ考えたものを見せてくれ」と頼む。ところが、たいていは、せいぜいあっても1つしか案がない。1つの案しかないのに「いろいろ」なんて言うなよ、と思う。1つでは選べない。これでは何を考えていたのか、問いたくなる。

何を隠そう(いや、別に一度たりとも隠したつもりはないのだが)僕は上記のように「考えたのだが案が出ない」という言い訳を良く使って「ではダメな案を出しなさい」と言われても全然出せない場合が多い。やれやれ、耳の痛い話だ。

これはDESIGN IT! w/LOVEさんも言ってた事(Fw:本当に考えたの?(それは「考えた」と言わない。))だけど、考えてる(と自分で思っている)だけじゃダメなんだ。考えて、ダメでも良いから心の中にしまうんじゃなくて表に出さなければ何も話は進まないし世界は変わらない。

て事は、例えば「これこれをやりたいんだけど、それには何々が邪魔だから。それにアレコレが業界的に良くないし、色々考えたら何もできない」とかっていう「やりたいけどそれには障害が多い」というケースにも当てはまるのだと思う。そういった、完了までに超えなければならないハードルが高いから、中々それを始める気にならないような時にこそこの考え方が必要なのだろう。

そういう場合にも、例えば「これをやってこれをやって、そうすれば1段階勧める」程度の事でも吐き出してしまって、完成までの道を見つけ出せる。たったそれだけのことなんだけど、もしそれをやらなければいつまで経っても完成の目処が立たない。

…まぁ、恐らくそれは普通の事であって、当たり前に誰もがやっている事なんだろうけど、僕はハードルが高くなると考えるが面倒になって何とか逃げたりする事もあるようなダメな子なのです。だから、そんな僕にはかなり刺激的で、考えさせられた話だった。

FBでコメント