ニーズに合わせる

2006年11月19日

広告βのエントリ、ビジネスマンの情報源、1位はWebより

僕もプランナという職業上なのか何なのか(初めての仕事なので普通が何なのか分からない)、普段から調べ物をする機会は多い。その媒体はほとんどweb。

調べているものにも寄るのだが、「~のマニアになりたい」「~が好きな人の思考に少しでも近づきたい」という場合には、どれだけ長く書いていても良いし、その道のマニアの趣向も読み取れるから装飾が多くてもそれはむしろよしとなる。だけど、確かに調査結果がほしいような場合にはいちいち説明されたいとは思わない。結果だけを求める。

そういうユーザをターゲットとし、そういったニーズを満たすことを目的としたサービスを生み出す場合には、情報を多くする事より簡潔に述べられている事が重要なのだろう。

とても勉強になるエントリだったので衝動的なエントリでした。

FBでコメント