Back TO

2007年01月11日

三歩進んで二歩下がる

子の言葉を耳にしたとき、あなたはどんな印章を思い浮かべるだろうか。

  • スローペース
  • 結局一歩しか進んでいない
  • 二歩分無駄な事をした
  • 失敗するような事などやらなければ良い

どちらかというとあまり良いイメージではないのではないだろうか。少なくとも僕は上記のような印章を持っていた。実際あまり進んでないようだし、というか戻っているし、無駄に労力を割いた感は否めない。

しかし、果たしてこれはそんなによろしくない事なのだろうか。ここで考えるべき事は「やったのか」、「やっていないのか」ではないだろうか。

失敗をしたのかもしれないが、行動は起こしたのである。その結果失敗したと言うことは「失敗を恐れずにチャレンジした」という事に他ならない。大事なのはその決断力と行動力。

今日ふと耳にした言葉なのだが、意外に考えさせられる言葉だったんですね。

FBでコメント