次につながる失敗

2007年01月12日

人に頼られるのは嬉しいものだ。誰かが僕に助けを求めてきたら出来る限りの事はしたいと思う。

しかし、残念ながらこと仕事に関しては頼られても答えてあげることが出来ないというケースもたくさんある。それは「出来るけれど時間がかかる」という場合と「出来ると思うが実際に出来るかどうかはやってみないとわからない」という場合だ。

今までの経験からすると後者のケースの方が多いように思えるのだが、このケースは明らかにやっかいである。そもそも出来るかどうか分からないのだからどれだけの時間がかかるのかが把握できない。もしかしたらそれによって自分の仕事に影響がでるかもしれない。

助けを求めに来たという事は、おそらく「あなたなら分かるかも」と思って救援要請を出したのだろう。それに答えたい気持ちは分かる。だが、そういう場合は一度冷静になって自分のビジー度とその助けてほしい事の重要度とをきっちりと天秤にかけるようにしよう。でないと、そういう類の問題というのはみんなであれこれと試行錯誤するようになってしまい、大勢の時間を大量に消費してしまう結果となる。

そうして、いつの間にかみんな意地になって解決させようと必死になり、自分の仕事が終わらなくなってしまったりする。

そうならないよう、やっかいそうな助けは勇気を持って断る事も覚えましょう、というのが今日の僕が犯した失敗から得た教訓。

他にこんな事も書いてます

FBでコメント