誰がために記事を書く

2007年01月28日

最近このブログの更新をほとんどしていない。常に1日1本のペースで書いていこうと決めて頑張っていたんだが、とあるトラブルが発生してそれどころではなくなってしまった。

そんな状況なのに無理に書く必要はないと思い、しばらく筆を置いたままにしていたのだが、少しだけ回復の兆しが見えてきたのでブログもそれに併せて少しずつ回復しようと思う。

さて、そして今日は何を書こうかと考えていた時に丁度目にしたエントリがあった。DESIGN IT! w/LOVE[いま読む]自分のために書くブログというエントリ。

でも、何人かいると思っている読者のうち、僕が一番気にしているのは僕自身だと思います。ブログを書くときは、自分に読ませるために書いているという感じがします。

確かにブログを書いていてそう思います。誰かに読んでほしいから書くのだけれど、一番読んでほしいのは自分なんです。いや、「読んでほしいから書く」というよりは「書けば読むから書く」、という方がより正確な表現だろう。こうやってエントリを書いている時というのは少なからず人に読まれる事を想定して書く。もちろん下記ながら何度かは最初に戻って読み直すこともある。書いていく経過で自分の考えがまとまることもある。このエントリなんかは本当にそんな感じ。何か考えがあった訳じゃない。日頃から「何となく」思っていた事を書くという行為で具体的に形にして、「思い」から「意志」にしていくのだ。

このエントリを、このブログを読んでくれる人が、僕の意見をどういう風に捉えているのかは分からない。僕は読んでくれる人が有意義な時間を過ごしてほしいと思い、なるべく丁寧に書いているつもりだが、さらにもう一歩進んで、「俺もブログ書こうかな」と思えるようなエントリを書く事を目指していこう。書く事による発見はきっとある。毎日でなくても良い。書く事に意義があると思う。

FBでコメント