自分ってのは紛れもなく自分であって決して他人ではないのだな

2007年05月17日

ARTIFACT@ハテナ系 – ケータイとPCのメールの感覚の違いというエントリを読んだ。普段は携帯のメールしか使っていないであろう大学生が、大学の講師にメールをする時に自分の名前を名乗らない、という事なんだが、そちらではPCと携帯の意識の違いからだろうと言っている。

携帯電話の場合、電話帳に登録している相手からしかメールがこないのを前提としており、メールを送ってきた相手の名前は電話帳に登録されている名前が自動的に表示される。

僕のアタリマエ、あなたのアタリマエ

こういう問題ってどちらが悪いって一概に言えないよね。一般的な考えだとやっぱり「最近の若者は…」になるのかな。あ、でもPCメールを普段使わない人も結構いそうだから一般論とはならないかな?まぁ一般論がどちらかは別に問題ではないんだけど。

要は、どっちもただ「当たり前の事」をやっていて「当たり前の事」を思っているだけなんだよね。そこに何の議論を挟む余地もない。マリー・アントワネットと同じだよね。本人何が悪いか何て分からない。こと「普段使うメールの媒体」という世界に関しては自分のいる世界とは全く違う世界なんだもん。

別にこの事に限定しなくても、世の中はそういう事であふれてるよね。当たり前だよね、人間みんな他の人とは違う独自の世界で生きてるんだからね。ま、そんな宇宙語を使わないで言えば「経験したもののちがい」だよね。

歩み寄りの精神があれば

たとえどんな些細な事だろうと僕の常識と感じる事があなたにとっては全く考えられない事だってケースはいくらでもある。それをきちんと分かって、それでも他人を認めてあげるのが一番ステキなんだろう。それを分かってもらうためにみんな頑張って「コトバ」を使うんだろう。他人とのギャップを少しでも埋めようとするんだろう。

みんなんでもっとコトバを使っていこう。もちょっとだけで良いからみんなでみんなと歩み寄ろう。

FBでコメント