欲求に素直になると幸せになれるかもしれない

2007年05月20日

子どもの頃からの習慣なのか何なのか、はたまたほしい物は基本的に手に入ったからなのか、またはほしい物をほしいと言う事が恥ずかしいと思っているからなのか、僕はあまりほしい物をほしいと言わないクセがついている。

そんな子どもが大人になって今はプランナをやっている訳だけど、プランナってのはそもそも何をする人だろう。そう、企画を考えてそれを認めてもらって実行する人。認めてもらう?それはプレゼンをするって事。

強く願い、言葉にする

さて、そこで考えないといけない事は、ほしい物をほしいと言わないクセがついたプランナってどうなんだろう、という事。企画を認めてもらうためのプレゼンで強く「ほしい」と願い、それを言葉と身体で表現できなければ成功する訳がない。

要求する事が苦手な僕は当然の如くプレゼンが苦手だ。というか、ほとんどできない。これではまずいと思いつつも一度プレゼンの苦手なヤツだと思われてしまったのでチャンスも中々来ない。しかしこのままで良い訳もなく、それでも何とかできるようにならねばならない。

その方法、というか手段として、まずは自分の主張をはっきりと言える、というか自分の意見をきちんと持つ、という非常に当たり前の事から始めようと思う。普段の何気ない事にでもちゃんと意見を持つ事が大事なのだと思う。

やっぱり、Stack Stock

その積み重ねで最終的には自分の立てた企画に自信を持って「どうです!素晴らしいでしょ!!」と言える自分になろう。そう、こういったことにも積み(stack)重ね(stock)が大事なのだ。何事も一つ一つじっくりとやる事が大事だ。

FBでコメント